HOME > ストレスの対処法

ストレスの対処法

ストレスとは

ストレスとはのイメージ

現代ではストレス社会と呼ばれ始めて久しく、ストレスという言葉を口する機会も多いのではないでしょうか。
しかし、ストレスとは具体的に何かと問われた時、正確に答えるのは難しいと思われます。
現代人の大半が抱えているストレスに対処する為には、まずストレスというものについての正しく知ることが重要です。

ストレスは、本来物理学で使用されていた言葉ですが、カナダの生理学者ハンス・セリエによって、生体に対してのストレスが定義されることになりました。
彼は「体外から加えられた要求に対する身体の非特異的な反応」をストレスと定義し、それに伴って引き起こされる反応のことを「ストレッサー」と区別しました。
近年、これらの区別をすることは少なく、まとめてストレスと言うことが一般的になっています。

ストレスが発生するメカニズム

ストレスが発生するメカニズムのイメージ

ストレスが発生するメカニズムは複雑なものではなく、案外単純です。

ストレスとはボールに圧力がかかって歪んだような状態を指し、その際にストレス状態を引き起こした要因をストレッサーといいます。
例えば、右図のような人間関係や仕事の忙しさ、気温の変化などがそのストレッサーに該当します。

上記より、ストレスとはボールに対してストレッサーとしての力が加わり、心身共に負荷がかかった状態と考えるとイメージしやすいでしょう。
ボールは一旦へこんでも、時間がたつと元に戻ります。
それと同様に、私たち人間もストレスが原因で体調を崩したとしても、休息をとれば元の正常な状態に戻ることが大半です。
これは、人間の身体に最初から備わっているホメオスタシス(生体恒常性)という機能の働きによるものです。

しかし、その力が強すぎたり、長時間だったりすると、ボールは元に戻らなくなってしまいます。
人間の体も同じようなもので、ストレスが強すぎたり、長くさらされすぎると、ホメオスタシスが正常に機能しなくなってしまいます。

ストレスの対処法

身体や精神の不調を招いたり、多くの疾患の原因となる精神的ストレスを緩和・解消する為には、3つのRと呼ばれるストレス解消の基本的な方法をよく理解しておくことが大切です。

Rest(休養)
1.Rest(休養)のイメージ

疲労や倦怠を感じた時は、無理をせずに十分な休養を取るようにしましょう。
栄養バランスのとれた食事や、適切な運動量などにも注意するようににすると更に良いでしょう。
また、良質な睡眠のために寝具や空調などで睡眠環境を整え、人間関係や仕事、家庭の悩みを、その都度自分で考えた方法で解決出来るように取り組んでみましょう。
例え解決できなかったとしても、慢性的に悩みを抱え込まないようにすることが理想です。

阪神カウンセリング・ラボでは、呼吸法、自律訓練法、プログレッシブ、リラクゼーション、意識集中法などをお伝え致します。
意識集中法は、当相談室オリジナルの手法で、肩こり、頭痛、顎関節症などの痛みの改善や爽やかな気分を味わえます。

Recreation(娯楽的な楽しみ)
2.Recreation(娯楽的な楽しみ)のイメージ

日常的な仕事や家事、勉強に距離を置いて、心身共にリフレッシュ出来るような趣味娯楽や気晴らしを見つけるようにしましょう。

ストレス解消のためであっても、十分な生活費がない状態までギャンブルにのめり込んだり、過度のアルコール摂取や薬物依存などで幻覚症状が生じて家庭内暴力に発展してしまっては、更にストレスを溜め込むことになり逆効果となるので注意が必要です。

Relax(リラクゼーション)
3.Relax(リラクゼーション)のイメージ

心身の緊張や不安を緩和するためのリラクゼーション技法を習得して、毎日時間を見つけてリラクゼーションを行うことによって自らストレスに対処できるようになりましょう。
リラクゼーションの最終目的は、身体と精神のバランスを集中力と想像力をもって回復し、感情や気分を上手にセルフコントロール出来るようになることです。

〒530-0014 大阪市北区鶴野町4-11
朝日プラザ梅田9階910

ホームページを見たとお伝えください 06-6147-2533

受付時間
平日 AM 10:00~PM 20:00
土・日・祝 AM 10:00~PM 19:00

お問い合わせ 詳しくはこちら
携帯サイトはこちら 右のQRコードからアクセスして下さい。