HOME > パニック障害について

パニック障害について

パニック障害について

パニック障害についてのイメージ

パニック障害は、原因不明のめまいや呼吸困難といったパニック発作と、激しい不安が突発的に引き起こる病気です。
医師の診断を受けたとしても、身体的な異常はどこにも見つかりません。
この発作は一度で終わることはなく、何度も何度も繰り返されます。
それを繰り返す内に、パニック発作がいつ起こるか分からないという強い不安感が、更に自身を苦しめるようになります。

このパニック発作が起こることを強く不安に思う症状を予期不安と言い、パニック発作と共にパニック障害の特徴的な症状です。
ほとんどのケースは治療すれば克服出来ますので、早期に治療されることをお勧めしております。

パニック障害になりやすい人

パニック障害になりやすい人のイメージ

パニック障害の発症率は、男性に比べて女性の方が約2~3倍も高くなっており、女性の方が罹患しやすい病気と言えます。
年齢別で見ると、20代での発症率が最も高く、次いで30代が多いようです。
また、ストレスを抱えやすい人やストレス解消が下手な人は、パニック障害になりやすい傾向にあります。

ストレスを感じやすい人は、性格的に完璧主義や生真面目、周囲に気を遣いすぎる人などが挙げられますが、このような人は上手にストレスを解消する手段を見つけなければいけません。
上記に加え、肉体的な疲労や心配事を抱えていると、パニック障害に陥り易いと言われています。

特にデスクワークの方々などは、運動不足が原因で疲労の元となる乳酸が蓄積されている場合が多く、これが原因でパニック障害を発生させるケースも少なくないようです。
終日デスクワークの女性は要注意といえるので、日頃から適度な運動を心がけ、上手にストレス解消法を見つける事が大切です。

パニック障害の症状

パニック障害の症状のイメージ
  • 心臓の鼓動が速い、または心拍数が増加する
  • 異常に汗をかく
  • 体や手足の震え
  • 呼吸が速くなる、息苦しくなる
  • 息がつまる
  • 胸の痛みや不快感
  • めまい、不安定感、頭が軽くなる、ふらつき
  • 非現実感、自分が自分ではない感覚
  • 常軌を逸してしまう、狂ってしまうのではないかと感じる
  • 死ぬのではないかと恐れる
  • しびれやうずき感
  • 寒気またはほてり

パニック発作では、上記のような症状が突然起こり、10分以内でピークに達し、その後30分以内でおさまるのが一般的です。

病院で検査をしても、基本的に心電図や呼吸機能、血圧などには特に異常が見られることはありません。
しかし、多くの方がこの検査結果に納得出来ず、様々な病院での検査を繰り返すのですが、その間は適切な治療が受けられないために、更に症状を悪化させてしまうケースも少なくありません。
パニック障害は、正しい治療さえ行えば、ほとんどが克服することが可能な病気です。
焦らずに、ゆっくりと治療をしていきましょう。

〒530-0014 大阪市北区鶴野町4-11
朝日プラザ梅田9階910

ホームページを見たとお伝えください 06-6147-2533

受付時間
平日 AM 10:00~PM 20:00
土・日・祝 AM 10:00~PM 19:00

お問い合わせ 詳しくはこちら
携帯サイトはこちら 右のQRコードからアクセスして下さい。